タローのブログ

メンタル弱すぎキリスト者の徒然なるままの黙想

イエスの系図

ルカによる福音書 三章二三~三八節〉

エスが宣教を始められたときはおよそ三十歳であった。イエスはヨセフの子と思われていた。ヨセフはエリの子、それからさかのぼると、マタト、レビ、メルキ、ヤナイ、ヨセフ、マタティア、アモス、ナウム、エスリ、ナガイ、マハト、マタティア、セメイン、ヨセク、ヨダ、ヨハナン、レサ、ゼルバベル、シャルティエル、ネリ、メルキ、アディ、コサム、エルマダム、エル、ヨシュア、エリエゼル、ヨリム、マタト、レビ、シメオン、ユダ、ヨセフ、ヨナム、エリアキム、メレア、メンナ、マタタ、ナタン、ダビデ、エッサイ、オベド、ボアズ、サラ、ナフション、アミナダブ、アドミン、アルニ、ヘツロン、ペレツ、ユダ、ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、セルグ、レウ、ペレグ、エベル、シェラ、カイナム、アルパクシャド、セム、ノア、レメク、メトシェラ、エノク、イエレド、マハラルエル、ケナン、エノシュ、セト、アダム。そして神に至る。

 

 新共同訳聖書では「イエスの系図」と題して、「イエス、洗礼を受ける」と次の四章の「誘惑を受ける」の間に、この系図の文が挿入されています。三章の初めから見ますと、ヨルダン川という荒れ野でのヨハネによる洗礼から始まり、イエスの受洗があり、この系図を飛ばして四章の初めの一節を見ると、「さて、イエス聖霊に満ちて、ヨルダン川からお帰りになった。」と書いてあり、イエスヨルダン川ヨハネから洗礼を受けたことが四章に繋がっていることが分かります。ルカによる福音書の記者がどのような意図をもって、このような書き方をしたかは定かではありませんが、イエスの受洗から誘惑を受けることに直接繋げることはせず、一端ここでイエスの系図を挿入することで一区切りを付けようとしているようにも考えられます。つまり、「イエスの受洗」を一区切りとして描こうとしているのではないかということです。

 イエスが受洗した年齢は明確には記されていませんが、あくまでルカによる福音書からの推測ですが、三章から四章への流れ、つまり、洗礼を受けてからガリラヤで伝道を始める間を考えると、洗礼を受けたのは二五~三〇歳辺りであったのではないかと私は勝手に思っています。どこから宣教が始まったと捉えるべきなのかは定かではないですが、――もしかしたらイエスが悪魔から誘惑を受ける所を、「イエスの悪魔に対する宣教」と捉える人もいるかもしれません。――恐らく四章一四節でのガリラヤでの伝道からを宣教と捉えるのが妥当でしょう。イエスは三〇歳で、ガリラヤから宣教を始めました。イエスは三〇歳という年齢で宣教の〝時〟が満ちたのです。この〝時〟については四章一四~一五節の所で詳しく書くことになるでしょう。

 さて、改めて系図に着目してみます。ここには多くの人々の名前が記されています。アダムの時代やアブラハムの時代の年齢の数え方がどのようなものであったのかは分かりませんし、アダムが本当に存在したのかは分かりませんが、ここではそのような疑問はあまり意味を為さないように思えます。問題なのは、イエスはアダムから連綿と繋がって来た「人間の子」でありながら、神がこの世に贈り給うた唯一の救い主、「神の子」であるという点です。イエスは、旧約時代の長い長い歴史を通して、一人一人の深く複雑な人生の積み重ねを通して、この地に生まれました。救い主なるイエスの誕生までには多くの人間の苦しみ、悲しみ、抑圧、差別、殺人、そして戦争があり、それと同時に多くの神の御業が、癒しや慰め、解放や受容、生きる喜びの贈与、そして平和という形で歴史を支え導いてきたことが伺えます。アダムからヨセフに至るまで、神は罪深い人類の地を完全に絶やすことは決してなさいませんでした。ここで救い主イエスが誕生するからです。アダムからヨセフまでの罪深い人類の歴史に、神はここで一線を引きました。アダムで終わらず「神に至る」唯一の人間、人間でありながら神から生まれた人間、人間でありながら唯一「神の子、キリスト」と名乗ることを赦された一人の人間イエスの誕生によって、神は、人類の罪の歴史と人類によって苦しめられてきた被造世界の歴史に、罪を贖う一つの大いなる雫を投じました。

 イエスは洗礼を受け、祈り、聖霊を受け、神から言葉を授かりました。このことにしっかり注目するために、記者は「神に至る」までの系図を、敢えてここで、はっきりと示しておきたかったのではないでしょうか。聖霊を受け、明確に神から「あなたはわたしの愛する子」という言葉を貰ったことで、記者も、系図を挿入することを通して、イエスが神の子であることを再確認しているように思われます。イエスが私たちと同じ、弱く罪深い限界を持つ人間の姿をとっていることを示すと共に、神によって贈られた、罪を贖う人類の救い主であることをこのイエスの系図が示していると捉えると、この系図は、三章の終わりとして、読者への相応しい提供となるのではないでしょうか。