タローのブログ

メンタル弱すぎキリスト者の徒然なるままの黙想

自分の罪と向き合わなければ…

自分の罪と向き合う作業を行わなければ、私はこれ以上変わることができない。自分の罪とは何か。もしそれを見つけることができたならば、私は希望を見出す前に必ずや絶望しなければならない。なぜならば、道徳的罪というものが存在するならば、私はそれを行ってしまっているからだ。特に姦淫の罪をした。明らかなる姦淫の罪を今もしている。性欲に関する過剰さが私を道徳的罪へと追いやっているが、それは私が本来的に神に従っていないから起こっていることである。道徳的、倫理的に追求していくと、私は明らかな大犯罪人であるが、神は今のところ正しい裁きを私に対して行なっている。なぜならば、私は今、ものすごく苦しんでいるのだから。