タローのブログ

メンタル弱すぎキリスト者の徒然なるままの黙想

洗礼者ヨハネの誕生

ルカによる福音書 一章五七~六六節〉
 さて、月が満ちて、エリサベトは男の子を産んだ。近所の人々や親類は、主がエリサベトを大いに慈しまれたと聞いて喜び合った。八日目に、その子に割礼を施すために来た人々は、父の名を取ってザカリアと名付けようとした。ところが、母は、「いいえ、名はヨハネとしなければなりません」と言った。しかし人々は、「あなたの親類には、そういう名の付いた人はだれもいない」と言い、父親に、「この子に何と名を付けたいか」と手振りで尋ねた。父親は字を書く板を出させて、「この子の名はヨハネ」と書いたので、人々は皆驚いた。すると、たちまちザカリアは口が開き、舌がほどけ、神を賛美し始めた。近所の人々は皆恐れを感じた。そして、このことすべてが、ユダヤの山里中で話題になった。聞いた人々は皆これを心に留め、「いったい、この子はどんな人になるのだろうか」と言った。この子には主の力が及んでいたのである。

 

 

 遂にエリサベトは男の子を産みました。このこと自体が既にこの世の常識の範疇を超えたものでありましたが、近所の人々や親類は、恐らく疑いなしにそのことを喜び合ったのでしょう。子の誕生における喜びを皆で分かち合える環境は素晴らしいものでありますが、ここでは更に割礼を与えるという儀式が行われようとしていて、割礼を与える人々によって子に名が付けられるのです。名を付けるということ、つまり、生まれた子に存在の証ともいうべき大切な何かを与えるということ。このことは人間にとって、生物にとって重要なことでありましょう。それも、自分自身で名を付けるのではなく、自分ではない〝他者〟によって、その大切な名が与えられるのです。名は、本来他者に与えられることで愛が込められます。名を憎む者は、その他者を憎んでしまう、またはその他者を忘れたい、更に言えば、自ら名を改めることで新たな道を歩みたいという状況に置かれている場合があるでしょう。ここでは、名を付けようとする人々が、当時の慣わしに習って、代々家系に存在する名、ここでは父の名をとってザカリアという名を与えようとしますが、一三節で天使ガブリエルを通して神から与えられたヨハネという名が付けられました。つまり、この男の子には、神が両親であるエリサベトとザカリアを通じて示された名、つまり人間が考えた名ではなく、神が考えた名が与えられたのです。
 ザカリアは一九~二〇節で天使ガブリエルに、「わたしはガブリエル、神の前に立つ者。あなたに話しかけて、この喜ばしい知らせを伝えるために遣わされたのである。あなたは口が利けなくなり、このことの起こる日まで話すことができなくなる。時が来れば実現するわたしの言葉を信じなかったからである。」と言われましたが、今その「時」が来て口が開きました。そして神を讃美したのです。このこともまた、神による御計画の一つであったのかもしれません。神は、このザカリアの身に起こったこと、そして、そのことでザカリアが神を讃美したことを通して、周囲の人々に自らの存在の一端を示そうとしたのではないでしょうか。はじめは周囲の人々はそのことで――神の側から一方的に名が与えられたという神の恵みの証の存在が起因となる、ザカリアに起こった出来事のことで――恐れを感じましたが、最終的には「心に留め」ることとなり、「いったい、この子はどんな人になるのだろうか」と言うに至りましたが、これは、時間が経つにつれて、この出来事に対して、周囲の人々は恐れの気持ちから主なる神の存在を再確認する気持ちに変化していったことによるものでありましょう。ヨハネは、周囲の人々に不思議さを伴った認識と同時に、神の目に留まった者として認識されながら育てられたと私は思い巡らすことができます。
そして、洗礼者ヨハネの存在は、ルカによる福音書を書いた記者にも、振り返って見ればやはりヨハネには「主の力が及んでいた」のだと感じさせ、それを文章として遺させるに至ったのではないでしょうか。